読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人はみな「誰か」になりたい

表現の手段を持つ人がうらやましかった。

彼らは彼らの持つ「何か」を通して人々の心と触れ合っている。

そしてそれは彼らを「誰か」にしていた。

 

僕も「誰か」になりたい、と思ってきた。

自分とはいいったい誰なのか。それを分かりやすく、かつ明確に説明する「何か」をずっと探している。

 

文章を書くこと。もしかしたらそれが僕にとっての「何か」を見つけるヒントになるのでは、と提案してくれたのは古くからの友人だった。

書くことであれば、特別な技術はいらない。(厳密には必要だが)

身の回りで起きる不可思議な事象や、心につっかえる想いに言葉を当てはめる(少なくとも試みてみる)のは、どこか心穏やかになる作業だから好きだ。

 

もちろん、文章を書くことが自分の「何か」に繋がるかどうかなんて全く分からない。

だけど「何か」をはじめてみなければ、いつになっても「誰か」にはなれない。

いまがそれを始めるタイミングである、そんな気がした。

  

このブログは、僕が自分の中の「何か」を見つけ、「誰か」になるための試みである。