身を委ねた先に見えるもの

川下りは、川上りより簡単なことのように思える。

上るには気力も体力も必要だ。何せ、急流や色んな方向にうねる渦の中を、自らの力で押し進むのだから。

一方、川下りはボートに乗っているだけである。もちろん座礁しないよう、最低限の舵取りは必要だけど。

-

しかしそれを人生に置き換えると、全く別な話になる。

川下り、それは運命という川の流れに身を委ねること。

どこにたどり着くかは分からない。

まわりを見渡せば、必死に川上りをしている人々が目に入る。

彼らがその先に何を見ているかは分からない。彼らも不安気ではあるが、オールを漕ぎ進めることに迷いはなさそうだ。ほんの少し前の自分もそうであったように。

-

僕は突然、川を下りはじめた。

理由を言葉にすることは難しい。言葉にする努力や気力が足りていないだけなのか、あるいはそもそも理由なんてなかったのかもしれない。とにかく、導かれたように下りはじめたのだ。

もちろん、不安に満ちあふれている。まわりにも置いてきぼりで、とても孤独だ。

川を下りはじめて気付いた事がふたつある。

ひとつ目は、上ってきた川をそのまま下っているわけではなさそうだ、ということである。陸地の景色は新しく、吸っている空気も少し違う。

ふたつめ目は、人生において川の流れに身を委ねるということは、とてつもなく難しいということだ。

-

人は不安なとき、それを解消しようとする。

短絡的な人はその場凌ぎをして済ませるだろうし、思慮深い人であればその根本原因を取り除くよう努めるだろう。

人によって形は違えど、何らかの「反応」をしていることに変わりはない。それは言葉通り、反射的なものであり、防衛本能のようなものである。

一方、川の流れに身を委ねる、ということは、「反応しない」ことを意味する。

ありのまま、立ち尽くす。

それはまことに、苦痛なことである。

 

だけど、かすかに見えている気がする。

苦痛の先にある平穏さ。導きに揺られる心地よさを。